久留米市 菊池歯科医院
久留米市 菊池歯科医院 審美歯科
久留米市 菊池歯科医院 医院について
久留米市 菊池歯科医院 医院案内
久留米市 菊池歯科医院 スタッフ紹介
久留米市 菊池歯科医院 アクセス・診療時間
久留米市 菊池歯科医院 診療のご案内
久留米市 菊池歯科医院 歯周病
久留米市 菊池歯科医院 インプラント
久留米市 菊池歯科医院 インプラントとは
久留米市 菊池歯科医院 切らないインプラント手術
久留米市 菊池歯科医院 オールオンフォー
久留米市 菊池歯科医院 オーバーデンチャー
久留米市 菊池歯科医院 インプラントの流れ
久留米市 菊池歯科医院 当院の症例
久留米市 菊池歯科医院 CTについて
久留米市 菊池歯科医院 審美歯科
久留米市 審美修復実例
久留米市 菊池歯科医院 医療費控除のご案内
久留米市 菊池歯科医院 ご予約・お問合せ
お問合せMail
info@kikuchi-shika.jp
久留米市 菊池歯科医院 ブログ
DC21オフィシャルサイト
最近の傾向にインプラントはいいもの、ブリッジや入れ歯は良くないものといったことを謳う傾向にあります。
これは、若干間違いがあり一番良いのは、御自身の持って生まれた歯です。
 
インプラントにしても、ブリッジにしても、入れ歯にしても、歯が失われない限りは考える必要のないものです
 
御自身の持って生まれた歯が無くなり、そこに代わりになるものを入れる際に入れ歯やブリッジやインプラントがあり、それぞれ長所・短所があります。長所や短所を語ることも大切ですが、それ以前に大切なことがあります。
 
つまり、これらの治療に共通して言えることは、『代償を求める治療である』ということです。
 

代償を求める治療?
入れ歯であれば、取り外しのわずらわしさ、物がつまる、異物感、バネを掛ける歯への負担等の代償
ブリッジであれば、両隣の歯を削るという代償
インプラントであれば、費用や手術という代償
一番大切なことは、代償を求める治療を行わないこと、つまりは歯を抜かないことが一番大切なことであり、その為の予防が最も大切であると考えます。
久留米市 菊池歯科医院 審美歯科 美しい口元は美しい笑顔の大きな要素です
当院の審美歯科治療は、自然な白い歯、美しい歯並び、健康なピンク色の歯肉を演出するために、オールセラミッ ク、メタルボンド、ラミネートベニア、ホワイトニングなどを用いて、適切なマテリアルを最新の技術で総合的に治療を進めていきます。
ただし、審美とはきちんとした機能の上に成り立つものであると考えます。
久留米市 菊池歯科医院 審美歯科 1 久留米市 菊池歯科医院 審美歯科 2
久留米市 菊池歯科医院 審美歯科 3 久留米市 菊池歯科医院 審美歯科 4
費用が高く保険治療ができないインプラント治療ですが、治療費が高額になるため確定申告による医療費控除が可能です。
 
保険診療・自由診療(インプラント・矯正・審美治療)でかかった費用は医療費控除の対象となり、確定申告で還付されます。
 
医療費控除とは、一年間に支払った医療費が10万円以上だった場合に適用され、医療費が税金の還付、軽減の対象となる制度のことです。 本人の医療費のほか家計が同じ配偶者や親族の医療費も対象となり、また、交通費も控除対象に含まれます。
条件1
1年間(1月1日〜12月31日)に支払った医療費の合計が10万円を超えている。
年収200万円未満であれば、所得の5%を超えた場合医療費は自分と家族の合計分を申告できます。
条件2
所得の納税がある場合
■医療費控除額(課税対象から控除される金額です)
■所得税の還付金額(納付済税金の一部が戻ります)
※課税対象となる所得が
 ・330万円未満の場合・・・・・・・・・・・・・・・10%
 ・330万円以上900万円未満の場合・・・・・20%
 ・900万円以上1,800万円未満の場合 ・・・30%
 ・1,800万円以上の場合・・・・・・ ・・・・・・・・37%
 1,800万円以上の場合 37%医療費控除の手続きに必要なもの
   ・確定申告書
 ・医療費の明細書
 ・医療費の支出を証明する書類(領収書など)
 ・源泉徴収票(給与所得のある方)
 ・保険給付金の控え
 ・認印
 ・通帳(還付金を受け取る本人名義の口座番号)
もっと詳しく知りたい患者さんは国税庁のホームページをご覧になることお勧めします。
Copyright(c)2010 KIKUCHI DENTAL CLINIC All rights reserved
〒830-0032 福岡県久留米市東町25-20 TEL 0942-32-1550 菊池歯科医院
医院案内 | スタッフ紹介 | アクセス・診療時間 | 歯周病 | インプラント | インプラント2 | 治療の流れ | インプラント症例
| CTについて | 審美歯科 | 審美症例 | HOME